女性ホルモンを増やす方法によって女性の悩みを解消する

目の疲れ

目の疲れ

眼精疲労で悩む人を多く抱える現代社会。意識的に目のケアすることが、視力の低下や眼精疲労によるトラブルを解消する近道です。サプリなどでサポートしながら解消していきましょう。

More Detail

アレルギーにも対策できる

サプリメント

対アレルギーに対して大きな効果を発揮するフコイダン。注目の成分ですが、摂取にはかなりの量を食べなくてはいけません。フコイダンはサプリで摂ることで効率的に摂取できます。

More Detail

エストロゲンの代用成分

花と女性

女性ホルモンとは、エストロゲンと呼ばれるものです。体で作られるもので、食物や外部からの摂取で直接エストロゲンが増えることはありません。基本の考え方は増やす方法ではなく、バランスをとるのが重要なのです。増やす方法というよりも、女性ホルモンが正常に作られるようにするのが先決ですが、これは生活習慣が関わるため意外と難しいものです。ストレス、睡眠不足、食生活の見直しを行なう必要があります。睡眠不足については、22時から2時までの美容時間に寝ることで、成長ホルモン、女性ホルモンの分泌を清浄化させる効果があります。このバランスのリセットには、マカのサプリなどを利用するとホルモンバランスを調整してくれます。年齢によって女性ホルモンの分泌が少なくなっている場合は、擬似的に増やす方法をとることが大事です。擬似的に増やす方法としては、食品にエストロゲンと似た効果を持つ成分があります。大豆イソフラボンとビタミンEにエストロゲンと似た働きをすることが確認されています。エストロゲンが作られない分を、代わりに大豆イソフラボンとビタミンEに働いてもらう形になります。豆腐では1丁、豆乳では200mlを2パックで1日に必要なイソフラボンを摂ることができます。しかし、女性ホルモンとして働いてもらうには体内でイソフラボンをエクオールとくっつけることが必要になります。人により、エクオールが体内にない場合もありますが、エクオール添付サプリも販売されているので、それを利用することでイソフラボン効果を発揮させることが可能です。

悪玉活性酸素を退治する

栄養補助食品

悪玉活性酸素を退治し、錆ない体を作るとして美容や医療の観点から注目されている成分水素分子。 サプリで摂取することで、手軽に水素分子を体に摂り入れて健康生活を始めることができます。

More Detail