HOME>特集>どこを気をつける?家庭教師を選ぶポイント

どこを気をつける?家庭教師を選ぶポイント

男の子

実績や信頼がある人材を選ぶことが大切

家庭教師を選ぶ時にまず誰もが気になるのは、実際に良い結果を出してくれる人材かどうかというところでしょう。また、それと同じくらい大事なのが、信頼出来る人柄かどうかという点。大事な子供を任せるわけですから、人間としても良い影響を与えてくれる相手を探したいですよね。そのためには、まず家庭教師としての実績や信頼のある相手かどうかを真っ先にチェックすることが大切でしょう。今まで三重で実際に子供を教え、良い成果を出している組織なり人材なりであれば、かなり期待が持てますよね。家庭教師は、教師のほうを家庭に呼ぶわけですから、三重なら三重の地元で探すことになります。例えばこれが塾であれば、場合によっては他の地域で探すことも出来るかもしれませんが、家庭教師ではそうも行きません。信頼ある組織の三重校などがある場合には、是非、優先的にチェックしておきたいところですね。

勉強道具

子どもとの相性もチェックしておこう

子どもに勉強を教えるのが上手い家庭教師は、自身もまた高い学歴を持っているのが基本です。学力の高い人材が指導力も高いとは限りませんが、両方を兼ね備えていることは家庭教師としては大前提。加えて人柄や性格が良く、礼儀正しいことも前提条件となります。家庭教師は、人のお宅にお邪魔をする仕事なのですから、毎回きちんと挨拶をすること、時間をきっちり守ることは常識中の常識。子どもにとってロールモデルになり得る人材でなければ、そもそも家庭教師は務まりません。ただ、これらのことをクリアした上で、最も重要なのが子どもとの相性です。このポイントがクリア出来ると、成績が驚くほどアップする場合も少なくありません。そして、同じ三重の地元であれば話も合いやすいですし、出身校や志望校などが重なるほうが説得力も上がるでしょう。