女性ホルモンを増やす方法によって女性の悩みを解消する

目の疲れ

目の疲れ

眼精疲労の原因はスマホやゲームPCや本など、近くを見続ける行動を続けることで眼輪筋に負担がかかるからです。適度に目線を外して、外を見たり遠くを見たりすることが必要なのですが、作業に熱中すると中々そうもいかないことがほとんどです。長い間近くを見ることの多い現代社会には、眼精疲労がつきものと言えるでしょう。この眼精疲労は、悪化すると目の疲れやかすみ目などのピントが合わない症状が起きやすくなります。さらに眼精疲労を放っておくと、頭痛などを引き起こす恐れがあります。眼精疲労に対処する方法としては、意識的に目のピントをずらしたり遠くを見る、目のストレッチを行なう、目を温めて固まった眼輪筋や血行を良くすることなどで解消できることもあります。しかし長く続けている習慣になっていると、軽減はできても改善は難しいかもしれません。すでにひどい眼精疲労を感じている時にオススメなのが、生卵2個に対して酢(ポン酢でも可)と醤油を入れて食べることです。卵かけごはんにしてもかまいません。眼精疲労に効くとされています。卵アレルギーや苦手な場合には、眼精疲労に効果あるサプリや、ホットアイマスクなどを取り入れてケアをすると良いでしょう。アントシアニンサプリメント、ブルーベリーサプリなどを取り入れながら、時折目のストレッチを行なうことで視力の低下や眼精疲労を軽減できます。目を使いすぎるものが多い現代では、意識的に目を休めるケアが重要なのです。